投稿日:2020年8月24日

高い技術が求められる溶接工事

こんにちは!大阪府を拠点に鋼構造物工事、溶接などを手がけている溶接工事なかもとです!
鋼構造物工事を行う際、欠かせないのが、高熱を用いて鋼鉄と鋼鉄をつなぎ合わせる溶接の技術です。
金属製の板で顔を保護しながら金属を加工するアーク溶接の光景は、テレビなどで少し見たことがあるという方もいるのではないでしょうか。
この溶接工事は専門性が高く、職人による非常に高い技術が求められるものなのです。

高度なテクニックが必要な施工とは

建築の現場で建物の骨組みを作っていく際、建物の強度を確保するために鋼鉄の柱と柱をつなぎ合わせる場面が数多くあります。
これが脆くては、建物に致命的な欠陥が出てしまうので、施工の成否を左右する非常に重要なポイントのひとつといえます。
そのようなときに大きな役割を担うのが、溶接工事のプロフェッショナルです。
現場において柱や梁などのジョイント部分を溶接する際、溶着させるための金属が空気に触れてしまわないように、注意を払う必要があります。
それを防ぐためにCO2ガスで保護しながら溶接を行うのですが、これはとても繊細な作業で失敗が許されません。
気を抜くことなく施工にあたる高い注意力と、安定して作業をこなすための熟練の技術が必要なのです。

溶接工事に役立つ資格

上記のような重要性を踏まえて、溶接にはさまざまな資格が存在しています。
まず溶接業界全体における一般的な資格として、JISによる「溶接技能者資格」や、建築鉄骨溶接独自の資格である「AW検定資格」が挙げられます。
いずれも実技試験を伴い、綿密な審査によって技術力を問われる資格です。
これらの資格を所有していることは、優秀な溶接のプロであるという証明となります。
また他に重要な資格として、「溶接管理技術者」の資格があります。
これは溶接に関連する技術知識、加えて施工の際の管理能力を持った技術者のための資格であり、工場認定、または官公庁から発注される工事において必須の条件です。
この資格保有者が常駐することを求められる現場もあるため、溶接工事において極めて重要性の高い資格のひとつといえるでしょう。

溶接工事なかもとへご相談ください!

溶接工事なかもとは、皆様の住みよい暮らしに寄与するべく、大阪府大阪市を拠点に多くの施工を手がけております。
溶接技能者資格、AW検定資格、溶接管理技術者といった各種資格を保有した優秀なスタッフが数多くそろっており、どのような現場にでも柔軟に対応させて頂ける体制が整っております。
鋼構造物工事や溶接工事がご入用の際は、ぜひお気軽にお問い合わせください!
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

溶接工事なかもと
〒559-0026  大阪府大阪市住之江区平林北2丁目8-51
TEL:090-3672-1972 FAX:06-6626-4271


関連記事

H30施工 阪神高速入路門柱下部補強

H30施工 阪神高速入路門柱下部補強

高速道路にある行先表示板の支柱ベースプレートの補強工事を施工しました。 …

R1施工 東広島マイクロンメモリ増築工事

R1施工 東広島マイクロンメモリ増築工事

1期工事に引き継ぎ2期工事の柱ジョイント溶接も施工しました。 …

第35次AW検定試験

第35次AW検定試験

弊社で開催した第35次AW検定試験、今年はコロナの影響で更新試験受験者は有効期限が1年延長され新規受 …

お問い合わせ  採用情報