投稿日:2020年8月21日

私たちの暮らしと溶接工事の関わり

こんにちは!大阪府を拠点に鋼構造物工事、溶接などを手がけている溶接工事なかもとです!
溶接工事という仕事は、建設現場や工場で働いているのでなければ、普段の生活であまりその存在を意識することはないかもしれません。
しかし溶接工事は、現代社会と切っても切れない密接な関係性でつながっています。
どんな関係があるのか、簡潔にご紹介させていただこうと思います。

溶接工事はどんな場所で役立っているの?

溶接工事が多く用いられているのは、建設現場と工場です。
溶接とはガスや電気といった高熱を利用して金属を溶かし、金属同士をつなぎ合わせる技術のことを指しています。
工事現場、とりわけ大きなビルを建設するような現場では、巨大な建材を用いて骨組みを作っていきます。
建物の柱や梁となる鉄骨同士をつなぎ合わせる必要があり、そこで活躍するのが溶接の技術です。
柱梁溶接と呼ばれるこの作業には、高度なテクニックが必要とされ、施工する職人にはそれが求められます。
この作業が行えなければ、街中にある大型のビルなどが建たなくなってしまうため、溶接は現代社会の基盤に大きく携わっているといえるでしょう。
また、物を生産する工場でも溶接は欠かすことができません。
例として、自動車工場では車が組み立てられる際に溶接が必要となります。
屋根やドアといった大きな金属パーツを溶接でつないでいくことで、初めて私たちが良く知る自動車のボディが完成するのです。

人々の暮らしを守る溶接工事

溶接工事が役立っているのは建築や産業の現場だけではありません。
私たちが普段利用している橋梁など、鉄骨が用いられた建造物の耐震工事では溶接が利用されます。
これらの建造物には厳しい耐震基準が定められており、建ててしまえばそのまま永続的に利用できるというものではありません。
建造物の状況に応じて補強、補修、改修、改良といった工事が施されることで、崩れたり倒れたりといったトラブルを心配せずに利用できるようになります。
溶接の仕事は、さまざまな方面から私たちの生活を支えているのです。

溶接工事なかもとへご相談ください!

弊社では、ご案内させて頂いた建築鉄骨の柱梁溶接や鋼構造物の耐震工事、土木関連の溶接工事などの各種施工を手がけています。
いずれの工事においても、高い技術と知識を兼ね備えた溶接のプロが心を込めて施工し、多くのお客様より大変好評を頂いております。
着実安全かつ高品質な工事をお約束させて頂きますので、溶接工事をお考えの際にはぜひ弊社へお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

溶接工事なかもと
〒559-0026  大阪府大阪市住之江区平林北2丁目8-51
TEL:090-3672-1972 FAX:06-6626-4271


関連記事

R2施工 瀬戸大橋鋼板巻き立て溶接

R2施工 瀬戸大橋鋼板巻き立て溶接

橋脚の鋼板巻き立て溶接を施工しました。 …

H30施工 阪神高速入路門柱下部補強

H30施工 阪神高速入路門柱下部補強

高速道路にある行先表示板の支柱ベースプレートの補強工事を施工しました。 …

H29施工 富山駅駅舎 柱溶接工事

H29施工 富山駅駅舎 柱溶接工事

富山駅の新しいプラットホームの柱と屋根を支えるブレス部分のGコラムを半自動溶接で施工しました。 …

お問い合わせ  採用情報